So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

大河ドラマ 八重の桜 視聴率 1/13 [ドラマ]

大河ドラマ 八重の桜 視聴率 1/13を
ご紹介します。

八重の桜.jpg

NHK大河ドラマ八重の桜の第2話は、
1月13日(日)に放送されました。


2話の視聴率は、18.8%でした。


1月6日放送の第1話の視聴率が、
21.4%でしたので、いくぶん下がりました。


これまでのNHK大河ドラマの
視聴率をみてみます。


昨年の「平清盛」は、
1話から4話までが17%代で、
それ以後、下降しました。
年間平均は12.01%でした。


2011年の「江」は、
1話から5話まで20%超えの視聴率で、
年間平均が17.7%でした。


2010年の「龍馬伝」は、
1話から11話まで、20%超えの視聴率で、
それ以後も何度か20%を超えています。
年間平均は、18.72%でした。


2009年の「天地人」は、
1話から12話まで20%超えで、
年間平均でも21.18%を記録しました。


2008年の「篤姫」は、
全50話20%超えの視聴率を記録しました。
年間平均は24.44%でした。


2007年の「風林火山」は、
1話、2話が20%を超え、
その後は、20%超えを時折記録し、
年間平均は18.69%でした。


2006年の「功名が辻」は、
初回こそ19.8%でしたが、
その後は、ほとんど20%を超え、
年間平均は20.93%でした。


2005年の「義経」は、
1話から11話まで20%を超え、
後半視聴率を落としましたが、
年間平均は19.46%でした。


2004年の「新撰組!」は、
年間平均17.41%でした。


2003年の「武蔵-MUSASHI-」は、
年間平均16.66%でした。


こうして大河ドラマの視聴率を
振り返ってみると、
女優が主演した作品のほうが
視聴率が高い傾向にあります。


宮崎あおい主演の「篤姫」や
仲間由紀恵主演の「功名が辻」が
そうですね。


あと、大河ドラマの時代をみてみると、
平安時代、戦国時代、明治維新前後になります。


この時代のなかで、
一番、視聴率が安定しているのは
戦国時代ですね。
例外に視聴率が異常に高かったのが、
「篤姫」でした。


こういう大河ドラマの歴史から、
八重の桜の視聴率を予想してみると、
ます、主人公は綾瀬はるかで女優です。


八重の桜の時代は、
幕末から明治にかけてです。


ここから見ると、
「八重の桜」は「篤姫」と共通点が多いですね。


「八重の桜」が、2話で視聴率が20%を切ったことで、
「平清盛」化などと言われていますが、
私の予想では、今後、盛り返し、
年間平均でも20%を超えると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

河西智美 写真集 子供 [芸能]

河西智美(AKB48)の写真集が、
子供をつかったということが問題になり、
発売延期になったことが反響をよんでします。

河西智美(AKB48)の写真集が、.jpg

1月17日、
講談社は、1月12日発売予定のヤングマガジンが、
河西と少年の写真を掲載したことにより、
発売が延期されたことについて謝罪しました。


講談社は、
「出版物に関するチェック体制が行き届いていなかったのが原因」
「読者や関係者にご迷惑をお掛けしたことをおわびします。
コンプライアンス、出版倫理の順守をさらに徹底する」
と発表しました。


ヤングマガジンは、
問題の写真を差し替えたうえで、
1月21日に発売されます。


この問題については、
「撮影に加わった少年たちへの配慮が欠けている」
などの批判が寄せられていました。


しかし、一部では、発売延期についての
批判の声も出ています。


賛否両論ある状況です。


芸術ととらえるのか、
わいせつととらえるかの
問題でしょうね。


ヤングマガジンの発売日については、
上述のように21日に決定しましたが、
問題は写真集の発売日ですね。


21日のヤングマガジンに、
発売についての詳細が掲載されるようです。


講談社が謝罪した以上、
内容も変更するものとみられます。


問題の写真集は、一部、ヤフオクなどで、
高値で出回っているともいわれています。


河西智美のファンにとっては、
幻の写真集となりましたね。


個人的な意見としては、
今回の河西と少年が写った写真は、
やはり、倫理的に問題があると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

最高の離婚 ドラマ 瑛太 感想&視聴率 1話 [ドラマ]

最高の離婚 ドラマ 瑛太 感想&視聴率 1話を
ご紹介します。

【公式】1月10日スタート! 木曜劇場 「最高の離婚」


瑛太は、ドラマ最高の離婚について、
「本当に面白い作品なので自画自賛している部分もあるんです」
と感想を述べています。
このドラマに、そうとうな自身があるんですね。


最高の離婚の第1話終了後には、
桑田佳祐の主題歌で、
瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛の踊るダンスが、
Twitterなどで話題になりました。
1話の視聴率は、13.5%でした。
この時間帯の視聴率としては、
まあまあの数字ですね。


最高の離婚は、30代の結婚生活に焦点をあてています。
結婚、離婚をとおして人間として成長していく、
登場人物の姿を描いたラブ&ホームコメディです。


瑛太は、最高の離婚についての取材では、
プライベートについて聞かれることが多いようです。
この問いには、答えにくいと語っています。


俳優・女優は、ドラマや映画に出演する際に、
役がらに徹しなければならないという宿命があります。
プライベートのにおいを消す必要があるんですね。


俳優・女優は、プロとして役になりきろうとしますが、
視聴者は、どうしても個々の俳優や女優のイメージを
だぶらせてしまいます。
それをいかに乗り越えて、ひとつの役を演じきるかというのが、
かれらの仕事なんですね。


瑛太も30代になってから、
俳優としてのプロ意識がそうとう高まったようです。


撮影に入る前には、体調管理なども
意識しているようですね。


そういった努力が、彼の人気をささえているのでしょう。


各界で超一流と言われる人は
すべて、そういう努力をしています。
プロ意識が高いんですね。

同じ俳優業の代表といえば、
高倉健がそうでしょう。
出演する作品への準備がすごいですね。
役になりきるために、
全精力を捧げています。


分野は違いますが、
イチローなんかは、
プロ意識の代表とも言えます。


瑛太もそういう路線を歩んでいるようですね。


彼は、将来、日本を代表する俳優になる資質を備えているのではないでしょうか。


最高の離婚 2話は、
フジテレビ系で、
2013年1月17日(木) 22時00分~22時54分 の放送です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。